勉強も見た目で判断してはいけません。
矢田先生の家庭教師日記

勉強も見た目で判断してはいけません。

学校の授業対策

中学2年生女子

春休みの苦手克服[理科]

家庭教師の矢田先生のサムネイル画像。

春休み、いかがお過ごしですか?
矢田は家庭教師と学校のレポートをしています。

今日は、避けて通られてしまうことの多い「光」の分野を扱いました。

理科嫌いの人の中で「電流」「力」に続き「いや!」と思われてしまう可哀そうな単元です。

逆に嫌いな人が勉強しやすいのは「植物の作り」など第2分野だと思います。
覚えればいいですからね。

嫌いな問題は後回しにするというのが、私を始めみんなのやり方だと思います。

 でも矢田にできることは、「嫌いだから毎日のように嫌いな問題を解かせる。」ということです。
自分が解くわけじゃないですから、沢山持って行きますよ(^-^)

そのかいもあって、真央ちゃんは嫌いな「電流」の分野を克服しました。
今では得意分野で、点数を稼ぐところになっています。

みんなが嫌いな分野が解けるということは、自信もつきますし、受験で直接合格に繋がってきます。
みんなが解けるものは解けても、あまり点数差が出ないですよね。

今度の苦手克服課題は、1年生で習った「光」の分野です。
一見、難しそう面倒くさそうな「光と音」。
本当は簡単なんです。

人も勉強も見た目だけで判断してはいけません。
中身も見て決めましょうね。
次の授業では、真央ちゃん抵抗必至の「光」克服に向けて頑張ります!!