中学受験の本番2週間前。
山下先生の家庭教師日記

中学受験の本番2週間前。

中学受験対策

小学6年生女子

私立中学上位校受験対策[算数・理科]

家庭教師の山下拓哉先生のサムネイル画像。

今日は久々に中学受験をする予定の小6・彩乃さんの臨時指導でした。
(夏休みにも臨時指導した生徒さんです。)
1/13が本命校入試です。それに向けてカウントダウンに入っています。

大手進学塾に通っているので、冬期講習が午前中から17時すぎまであり、その中で分からないところを全教科教えています。以前は指導中に泣いたりしたこともありましたが、本人も受験に向けてだんだん気持ちが高まっているようです。

今では「先生、がんばります!」と
疲れているはずなのに、見違えるほど成長しているように見えました。
今回もいつも先生がお休みの為、本人が臨時の指導を希望したようです。

「絶対合格させたい!」と思いながら指導を開始しました。

相似や証明がまだ完全ではなく、アヤフヤなので傾向に合わせてその確認と理解を中心に指導しました。
それに常勤の先生から「文章題のひっかけ」に弱いと指摘があり、その部分もチェックし、根気強く納得してもらいました。
また理科もまだ苦手分野があり、受験に不安があるようでしたのでこちらもヒントを出しながら、答えを誘導していき、授業が終わる頃には自信がついてきたようです。

「先生、もういいです。大丈夫です!」

この言葉を聞けると、僕はホッとします(^-^)
カレンダーを見ると1月16日が合格発表のしるしがしてありました。

お母さんと一緒にマルをつけたようです。

塾でも正月三が日は特訓指導あり、今年はお正月も何もなくて大変だと思います。

でも努力していれば必ず自分自身を成長させることができます。
努力を怠れば、たまたま今結果が良くてもいずれ駄目になっていくし、一時的なものだと思います。
最後まであきらめず、ラストスパートしてほしいです。

「彩乃さん、がんばれ!!」
今日はこの言葉で締めくくりたいと思います。
(^-^)