生徒に共感!試験の辛さ
矢田先生の家庭教師日記

生徒に共感!試験の辛さ

教務室から

先生のお話

先生の心構え

家庭教師の矢田先生のサムネイル画像。

皆さん「試験」って好きでしょうか。

矢田は「試験」が大好きだった時期があります。
それは中学3年生の時です。

この頃、矢田の成績はものすごく伸びていました。
最初は順番が200人中98番とかだった気がします。

それがある日数学が急に解けるようになり、それから問題が解ける楽しみというものを知りました。
そうすると他の教科もどんどん進んで勉強するようになりました。

でも、社会は中学校年生の冬まで嫌いでした。

理由は単純で、社会は覚えるだけだからです。
社会がお好きな方が聞くと怒られそうですが、当時の矢田にはそうしか感じられませんでした。

そして今も暗記物は嫌いです。
苦手ですね。

だから生徒の「覚えるだけの科目はつまらない。」と、いう言葉には共感できます。
今、矢田も試験中なのですが、どうしても苦手な科目って、勉強がなかなか進みません。

「生徒の気持ちがよくわかるなぁ。」と、身をもって実感しています。
「きっと今なら嫌い克服の方法を考えられるのに。」

そう思いながら、「いや、その暇は今無いか。」と、毎日勉強を続けています。

生徒が夏休みに入っているだけに、私も早く夏休みに入りたいです。
そして家庭教師に集中して、目指すは生徒の苦手克服!!

のはずなのですが・・・

矢田の試験期間がとても長く、この時期がとても辛いです(><)

生徒に負けず頑張るぞ!!