福岡県と九州山口など公立大学の一般入試中期後期日程の志願倍率(平成31年度)

福岡県と九州山口など公立大学の一般入試中期後期日程の志願倍率(平成31年度)

福岡県の公立大3校の後期志願者は昨年度より403名増えて3,382名、九州沖縄・山口広島などの中期・後期日程志願数と志願倍率

福岡県公立大学の志願状況

3月12日(火)に行われる公立大学一般入試の後期日程は、前期日程と同じ2月6日に出願を締め切り、各大学が志願状況を発表しました。
福岡県内の公立大学後期日程の志願状況は、後期日程を実施しない九州歯科大を除く3校の後期日程入学定員は昨年度より22名増えて269名、今年度の志願者は昨年度より403名多い3,382名、志願倍率は0.51倍上がり12.57倍になりました。

北九州市立大学では、5学部の後期入学定員166名に対して志願者数は昨年度より223名増えて2,414名、志願倍率は1.18上昇し14.54倍という高い倍率になっています。最も高い倍率は、外語学部国際関係学科の25.20倍です。
福岡県立大学は、昨年度より20名増えた後期入学定員60名に対して志願者が152名増えて642名、志願倍率は1.55下がり10.70倍になっています。県立福岡女子大は、昨年度から増減のない後期入学定員43名に対して志願者数は昨年度より28名多い326名、志願倍率は0.65上がり7.58倍という状況になっています。

九州沖縄地区公立大学の志願状況

昨年度より最も倍率が上がっているのは、宮崎県立看護大で志願者が79名増え15.90倍から23.80倍に7.90上がっています。ほかに倍率が上がっているのは、長崎県立大も志願者が257名増えて1674名になり15.36倍、宮崎公立大は58名増え10.63倍、大分県看護科学大は12名増え16.60倍になります。
昨年度より下がっているのは、熊本県立大で志願者が215名減り1,343名、倍率は10.74倍から1.29下がり9.46倍、スポーツ健康学科のみ福岡会場を設ける名桜大は93名減り12.71倍から10.06倍、沖縄県芸大は13名減り5.33倍から3.17倍になっています。

山口広島の公立大学の志願状況

山口広島の公立6校は昨年度より志願倍率が下がっています。
福岡会場を設ける中期日程の山口東京理科大は、志願者が342名減り656名、昨年度の38.50倍から13.15下がっています。しかし、25.35倍は依然として高い倍率です。同じく福岡会場を設ける中期日程の下関市大は志願者が671名減り2727名で15.15倍、3.73下がりました。
後期日程では、山口県大が4.23下がり17.58倍、尾道市大は3.78下がり19.10倍、県立広島大は2.65下がり10.21倍、広島市大は0.55下がり9.44倍になっています。

福岡会場のある他地域の公立大学

福岡県内に会場を設けるでは、中期日程の都留文科大が昨年度より245名減り志願者2823名、志願倍率は0.96下がり11.11倍になっています。

公立大学一般入試前期のワンポイント

後期日程の受験者は、志願者数のうち前期日程合格者や私大進学者を除いた人数になり、例年倍率も下がります。
前期日程に比べ定員が少なくなる学科も多く、また後期日程は前期日程より志望校を下げて出願する受験生が多くなります。しっかりとした入試対策が必要になりますので、傾向に沿った問題演習を重ね、理解度をより深めておくようにしてください。特に得意分野については、時間を計りながら的確に問題を解く練習をするようにしましょう。

※下記表は、平成31年度の各公立大の一般入試中期・後期日程の志願倍率です。
※「倍率H31」と「倍率H30」は志願数を前期定員で割った表面倍率になります。
※志願者数と実際の受験者数は、他大学合格などの理由により異なることが多くなります。
※各公立大学の一般入試中期日程の概要は国公立大の一般入試中期日程をご覧ください。
※各公立大学の一般入試後期日程の概要は国公立大の一般入試後期日程をご覧ください。

福岡県の公立大学の一般入試志願状況(後期日程)

3月12(火)から実施される公立大学の一般入試後期日程のうち、福岡県内で最も倍率が高くなっているのは、昨年度11.00倍だった北九州市大の外国語学部国際関係学科の25.20倍です。後期試験を実施する21学科のうち10.00倍を超えているのは15学科になります。北九州市大の外国語(英米)は昨年度の10.30倍から20.17倍に、福岡県大の人間社会(人間形成)は12.30倍から19.70倍、同学部(社会福祉)は9.80倍から18.80倍、北九州市大の経済(経営情報)は15.70倍から17.80倍など、11学科で昨年度より倍率が上がっています。志願倍率が下がっているのは、昨年度11.50倍だった福岡県大の看護(看護)が7.43下がり4.07倍、北九州市大の文(人間関係)が昨年度の16.90倍から7.00下がり9.90倍など10学科です。

北九州市立大学

学部学群学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
外国語学部英米1351224220.1710.30
中国50610116.839.17
国際関係80512625.2011.00
経済学部経済1421013313.3013.90
経営情報1421017817.8015.70
文学部比較文化1421017717.7018.90
人間関係8010999.9016.90
法学部法律1771523215.4710.40
政策科761014014.009.20
国際環境工学部エネルギー循環化45131158.8511.62
機械システム工451520413.6019.67
情報システム工702033316.6516.20
建築デザイン501011311.306.30
環境生命工452022111.0512.15

福岡県立大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
人間社会学部公共社会5010135113.5015.40
社会福祉501018818.809.80
人間形成501019719.7012.30
看護学部看護90101224.0711.50

福岡女子大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
国際文理学部国際教養135251847.367.44
環境科70151218.075.87
食・健康353217.008.00

九州沖縄の公立大学の一般入試志願状況(中期・後期日程)

九州山口地区の公立大学で志願倍率の高い学科は、長崎県大の看護栄養(看護)で昨年度より志願者が48名増えて148名、志願倍率は8.00上がり24.67倍になっています。20倍を超えているのは、宮崎県看護大が7.90上がり23.80倍、長崎県大の国際社会は8.33上がり20.67倍、同大の情報システム20.50倍になります。昨年度より倍率が大きく下がっているのは、熊本県大の環境共生(環境資源)が108名減って22.83倍から13.83倍に9.00下がり、名桜大の人間健康(看護)も44名減り24.00倍から15.20倍になっています。

熊本県立大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
文学部日本語日本文451011311.3012.50
英語英米文451013813.8013.31
環境共生学部環境資源301216613.8322.83
居住環境401212310.258.75
食健康科40811414.2512.50
総合管理学部A方式280403218.035.70
B方式503687.3611.06

長崎県立大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
経営学部経営1401528018.6720.73
国際経営学科601018618.6017.70
地域創造学部公共政策1203032610.876.73
実践経済1302025112.559.15
国際社会学部国際社会60612420.6712.33
情報システム学部情報システム40816420.5018.25
情報セキュリティ40811013.7517.75
看護栄養学部看護60614824.6716.67
栄養健康4068514.1713.67

大分県立看護科学大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
看護学部看護801016616.6015.40

宮崎県立看護大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
看護学部看護1001023823.8015.90

宮崎公立大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
人文学部国際文化2004042510.639.18

沖縄県立看護大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
看護学部看護801010.10

沖縄県立芸術大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
美術工芸学部美術絵画104174.256.00
美術彫刻5221.004.00

名桜大学

学群学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
国際学群国際学類280201698.459.65
人間健康スポーツ健康951010710.7013.20
看護80510715.2024.00

中四国の公立大学の一般入試志願状況(中期・後期日程)

九州山口地区の公立大学で志願倍率の高い学部学科は、中期日程では山口東京理科大の工(機械工)が昨年度の40.75倍から12.88下がり27.88倍、同学部(応用化)は11.20下がり27.70倍、電気工は15.88下がり19.88倍、下関市大の経済(公共マネジメント)は5.88下がり18.83倍などです。
後期日程で20倍を超えているのは、尾道市大の経済情報(Aコース)が昨年度より11.67下がり25.00倍、同学部Bコースは1.20上がり23.53倍、同大の芸術文化(日本文)は2.80下がり23.00倍になっています。昨年度より倍率が上がっているのは、山口県大の国際文化18.50倍、県立広島大の生命環境(生命科)13.64倍、広島市大の芸術(デザイン工芸)13.30倍、同大の情報科12.38倍になります。大きく倍率が下がっているのは、山口県大の看護栄養(看護)が10.80下がり18.80倍、県立広島大の生命環境(環境科)も10.08下がり9.58倍、広島市大の国際は9.90下がり6.65倍などです。鳥取環境大と高知工科大の後期日程は福岡会場を設けません。

下関市立大学

学部学科入学定員中期定員志願倍率H31倍率H30
経済学部経済19578131916.9116.50
国際商1957895612.2619.46
公共マネジメント602445218.8324.71

山口東京理科大学

学部学科入学定員中期定員志願倍率H31倍率H30
工学部機械工60822327.8840.75
電気工60815919.8835.75
応用化801027727.7038.90

山口県立大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
国際文化学部国際文化62611118.5014.83
文化創造5257715.4024.00
社会福祉学部社会福祉100815519.3822.63
看護栄養学部看護5559418.8029.60
栄養4022010.0014.50

尾道市立大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
経済情報学部経済情報Aコース2001537525.0036.67
経済情報Bコース1535323.5322.33
芸術文化学部日本文50511523.0025.80
美術50151127.478.67

県立広島大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
人間文化学部国際文化85151107.3311.47
健康科355397.8015.00
経営情報学部経営601214111.7516.00
経営情報40812115.1319.50
生命環境学部生命科1102230013.6411.36
環境科55121159.5819.67
保健福祉学部看護6010919.109.60
理学療法306386.337.67
作業療法3066310.5010.67
コミュニケーション障害306427.008.67
人間福祉405326.407.40

広島市立大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
国際学部国際100201336.6516.55
情報科学部情報工/知能工/システム工/医用情報科2104049512.388.90
芸術学部美術(日本画)1010383.804.10
美術(彫刻)107223.143.86
デザイン工芸401013313.3011.40

他地域の公立大学の一般入試志願状況(中期・後期日程)

福岡会場に試験会場を設ける山梨県の都留文大は、文(英文)で倍率が9.85上がり19.83倍、同学部(比較文化)は9.19下がり7.41倍などになっています。高崎経済大の後期日程では福岡会場はありません。

鳥取環境大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
環境学部環境13810949.4016.50
経営学部経営環境1381026326.3031.80

高知工科大学

学群学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
システム工学群後期日程1702043121.5513.70
環境理工学群後期日程901525116.734.93
センターのみ5265.2036.00
情報学群後期日程1001016116.1013.30
経済・マネジメント学群後期日程1601515910.602.60

高崎経済大学

学部学科入学定員中期定員志願倍率H31倍率H30
経済学部経済/経営/国際480240290712.1114.48

高崎経済大学

学部学科入学定員後期定員志願倍率H31倍率H30
地域政策学部地域政策/地域づくり/観光政策420100100110.0113.13

都留文科大学

学部学科入学定員中期定員志願倍率H31倍率H30
文学部国文1205065513.1011.70
英文1204079319.839.98
比較文化120372747.4116.57
国際教育40111069.649.55
教養学部学校教育180664937.479.39
地域社会1505050210.0414.92

更新日 UP