宗像中は4.55倍、福岡県立中学5校の平成30年度入試の志願倍率

宗像中は4.55倍、福岡県立中学5校の平成30年度入試の志願倍率

福岡県立中学5校の平成30年度入試の志願倍率が発表されました。

福岡県立中学5校は13日に入学願書の受付を締め切り、志願状況が福岡県教育委員会から発表されました。18日現在、福岡地区にある宗像中学校は、80名の入学定員に対して昨年度より6名少ない370名の応募があり志願倍率は4.55倍、昨年度の4.63倍より0.08ポイント下がっています。筑豊地区の嘉穂高校附属中学校は、入学定員80名に対して昨年度より10名少ない305名の応募があり志願倍率は3.81倍、昨年度3.94倍より0.13ポイント下がりました。開校当初に比べると志願者は減少していますが、依然として高い倍率を保つ両校は、今年も難関と言えます。

北九州地区の育徳館中学校は、入学定員120名に対し、昨年度より7名増えて志願者222名、倍率は1.85倍、同地区の門司学園中学校も7名増えて志願者217名、倍率は1.81倍になります。昨年度は志願者が9名増加した筑後地区の輝翔館中等教育学校は、昨年度より31名少ない志願者128名、倍率は1.07倍です。昨年度の1.33倍から0.26ポイント下がり、例年と比べると受検しやすい状況になっています。

県立中学校の入試は、作文や面接、適性検査の試験が実施されます。県内の国立中学や私立中学と入試内容は大きく異なりますので、適性検査は過去問題や類似問題集を利用してキーワードを用いながら自分の言葉でまとめる練習をしておくと効果的です。作文と面接は、お子様の内面が非常に出やすい傾向です。小学生らしい率直な受け答えや課題に対して思ったことを素直に書く練習をしておきましょう。

なお、平成30年度の県立中学校の入学検査は、昨年度より6日遅い1月14日(日)におこなわれ、10:20から11:00まで「作文」、20分の休憩を挟んだ後、11:30から12:20まで「適性検査」、昼食後の13:35から「面接」が行われます。入学検査の結果と合わせ、調査書の内容も加味され、1月23日(火)に結果通知が受検者全員に発送されます。合格者は私立中学入試のピークが過ぎた1月29日(月)までに入学意思確認書または入学辞退届を提出します。また他校合格などにより入学辞退者が出た場合、2月9日(金)までに補欠入学予定者に連絡があり、繰上げ合格することがあります。

※下記表の「入学定員」「志願数」の単位は、(人)です。

育徳館中学校

平成30年度

入学定員

120

志願数H30

222

倍率H30

1.85

平成29年度

入学定員

120

志願数H29

215

倍率H29

1.79

平成28年度

入学定員

120

志願数H28

249

倍率H28

2.08

門司学園中学校

平成30年度

入学定員

120

志願数H30

217

倍率H30

1.81

平成29年度

入学定員

120

志願数H29

210

倍率H29

1.75

平成28年度

入学定員

120

志願数H28

265

倍率H28

2.21

嘉穂高等学校附属中学校

平成30年度

入学定員

80

志願数H30

305

倍率H30

3.81

平成29年度

入学定員

80

志願数H29

315

倍率H29

3.94

平成28年度

入学定員

80

志願数H28

359

倍率H28

4.49

宗像中学校

平成30年度

入学定員

80

志願数H30

364

倍率H30

4.55

平成29年度

入学定員

80

志願数H29

370

倍率H29

4.63

平成28年度

入学定員

80

志願数H28

447

倍率H28

5.59

輝翔館中等教育学校

平成30年度

入学定員

120

志願数H30

128

倍率H30

1.07

平成29年度

入学定員

120

志願数H29

159

倍率H29

1.33

平成28年度

入学定員

120

志願数H28

148

倍率H28

1.23

※実施する日程や開始時間は天候などの影響により、変更になる場合があります。あらかじめ各校ホームページまたは入試担当窓口のお電話で確認してください。