平成31年度の福岡県立高校推薦入試の募集人数(筑後地区)

平成31年度の福岡県立高校推薦入試の募集人数(筑後地区)

平成31年度の筑後地区県立高校の推薦募集人数は141人減少します。

今年度の筑後地区の中学3年生は、昨年度より約200人少ない約8100人で、公立高校の入学定員は県立高校で280人減少、推薦募集人数も4校で15人増・6校で156人減、計141人減少し935人程度の募集を行う予定です。入学定員に対する推薦人数の割合は約23%になりました。

普通科では、第7学区の朝倉東高校が昨年度より4人増えて24人程度、朝倉光陽高校が18人減って12人程度の推薦募集を行います。
入学定員が160人減る第8学区では、地区2番手の久留米高校は6人減り24人程度、特色化選抜を行う三井高校は8人減り8人程度の募集、明善・小郡高校の推薦人数に変更はありませんでした。入学定員の変更がない第9学区と第10学区では、八女高校が3人増えて48人程度、三池高校が3人増えて48人程度、特色化選抜を行う三潴高校が10人減り20人程度の推薦募集を行います。

普通科の特色あるコースでは、浮羽究真館高校の総合コースで8人減って32人程度、特色化選抜を実施する三井高校の福祉教養コースは8人減の8人程度、同校スポーツ健康コースは22人減の6人程度、同じく特色化選抜を実施する三潴高校のスポーツ文化コースは42人減の6人程度の募集を行います。

専門学科では、久留米筑水高校の食品流通・生物工学・環境緑地科で各2人増えて12人程度ずつ、自己推薦を廃止する朝倉光陽高校の食農科学科は6人減って24人程度の募集になります。平成31年度入試から系統別募集を行う浮羽工業高校は建築系で8人減の16人程度、入学定員40人減少の機械電気系は20人減の16人程度の募集を行います。そのほかで推薦募集人数に変更はありません。

平成31年度から特色化選抜を行う三井高校は、普通科の特色化選抜の募集上限56人と推薦8人を合わせた64人までが一般入試より前に合格内定を得ることができるようになります。同校福祉教養コースは特色化28人と推薦8人の合計36人程度まで、同校スポーツ健康コースは特色化28人と推薦6人の合計34人程度まで合格内定が可能になりました。三潴高校の普通科は、特色化20人と推薦20人の計40人程度まで、同校スポーツ文化コースも特色化45人と推薦6人の計51人まで合格内定可能になります。

また平成30年度入試から大牟田市内の県立4校は、熊本県の隣接地域から入学定員の5%まで通学が可能になり、三池・ありあけ新世・大牟田北・三池工業の全日制定時制がその対象になりました。一部の県立高校では昨年度から県外生を入学定員の10%以内で受け入れています。朝倉光陽と浮羽究真館は大分県から、三井と三潴・大川樟風は佐賀県から通学可能になり、入学定員の10%以内まで県外生を受け入れています。

なお、福岡県立高校の推薦入試は、平成31年1月28日(月)から2月1日(金)まで入学願書の受付、入試日は2月5日(火)と6日(水)、合格内定の発表は2月12日(火)午前9時になります。受検する高校や学科・コースにより推薦入試の内容は異なります。下記表や各校の推薦入学者選抜実施要項を確認のうえ、面接や作文、実技試験などの対策をしっかり行って、準備万端のうえ、試験に臨むようにしましょう。

※「筑後地区」は、小郡市・三井郡大刀洗町・うきは市・朝倉市・朝倉郡(筑前町・東峰村)・久留米市・八女郡広川町・筑後市・八女市・大川市・柳川市・みやま市・大牟田市・三潴郡大木町の地域になります。

※下記表の「入学定員」の単位は(人)・「推薦定員」の単位は(人程度)です。
※「入学定員」と「推薦定員」は、平成31年度の推薦入試の募集人数(平成31年2月実施予定)です。
※「倍率H30」は平成30年2月に実施された推薦入試の「志願者数」を「合格内定者数」で割った実質倍率です。
※合格内定者数など過去の推薦入試結果は「筑後地区の推薦入試状況」にて、ご確認ください。
※「筑後学区」は、第7~10学区全域から受験できます。
※「▲2」は、昨年度より推薦定員が2名程度の増加予定・「▼2」は、昨年度より推薦定員が2名程度の減少予定を表します。

第7学区

高校名学科コース入試内容入学定員推薦定員増減倍率H30
朝倉高校普通科作文面接2803601.00
朝倉東高校普通科作文面接802441.00
朝倉光陽高校普通科面接4012181.09
※平成30年度の入試から朝倉高校は小郡市全域から出願可能になります。
※朝倉光陽高校は入学定員の10%以内まで大分県から通学可能です。

第8学区

高校名学科コース入試内容入学定員推薦定員増減倍率H30
明善高校普通科作文面接(自己表現)2002401.76
久留米高校普通科作文面接1602461.15
小郡高校普通科作文面接2003601.07
三井高校普通科作文面接80881.00
※平成30年度の入試から小郡高校は筑前町から出願可能になります。
※三井高校は入学定員の10%以内まで佐賀県から通学可能です。

第9学区

高校名学科コース入試内容入学定員推薦定員増減倍率H30
八女高校普通科作文面接2404831.43
福島高校普通科作文面接802001.08

第10学区

高校名学科コース入試内容入学定員推薦定員増減倍率H30
伝習館高校普通科作文面接2004001.58
三池高校普通科作文面接2004421.00
山門高校普通科面接1404001.00
三潴高校普通科作文面接10020101.00
大牟田北高校普通科面接1604801.00
※平成30年度の入試から三潴高校は久留米市内全域から出願可能になります。また入学定員の10%以内まで佐賀県から通学可能です。
平成30年度の入試から三池高校・大牟田北高校は入学定員の5%以内まで熊本県から通学可能です。

筑後学区

高校名学科コース入試内容入学定員推薦定員増減倍率H30
明善高校理数科作文面接(自己表現)40803.13
久留米高校英語科作文面接401601.20

県内全域(普通科特色あるコース)

高校名学科コース入試内容入学定員推薦定員増減倍率H30
明善高校普通科(総合文科コース)作文面接(自己表現)40802.60
山門高校普通科(理数コース)面接20701.00
大川樟風高校文理科面接40801.00
普通科(総合コース)面接801601.00
浮羽究真館高校普通科(総合コース)作文面接1603281.02
三井高校普通科(福祉教養コース)作文面接40881.00
普通科(スポーツ健康コース)実技面接406221.05
三潴高校普通科(スポーツ文化コース)実技面接606421.00
※浮羽究真館高校は入学定員の10%以内まで大分県から通学可能です。
※大川樟風高校・三井高校・三潴高校は入学定員の10%以内まで佐賀県から通学可能です。

県内全域(総合学科)

高校名学科コース入試内容入学定員推薦定員増減倍率H30
ありあけ新世高校総合学科面接作文または実技(自己表現)1606001.15
※平成30年度の入試からありあけ新世高校は入学定員の5%以内まで熊本県から通学可能です。

県内全域(専門学科)

高校名学科コース入試内容入学定員推薦定員増減倍率H30
八女工業高校自動車科面接401001.55
電子機械科面接401001.36
情報技術科面接401001.27
電気科面接401001.82
土木科面接401001.90
工業化学科面接401001.00
三池工業高校エネルギー系
(電気科)
面接401201.00
メカトロニクス系
(電子機械科)
(情報電子科)
面接802401.00
社会基盤系
(土木科)
(工業化学科)
面接401201.00
浮羽工業高校機械科・電気系
(機械科)
(材料技術科)
(電気科)
面接801681.00
建築系
(建築科)
(環境デザイン科)
面接8016201.00
大川樟風高校住環境システム科面接40801.00
朝倉東高校総合ビジネス科作文面接802401.00
ビジネス情報科作文面接401201.00
福島高校総合ビジネス科作文面接401601.00
生活デザイン科面接401601.00
久留米筑水高校食物調理科作文面接401201.00
社会福祉科作文面接401201.00
食品流通科作文面接401221.23
生物工学科作文面接401221.00
環境緑地科作文面接401221.00
八女農業高校生産技術科
システム園芸科
生物利用科
生活科学科
作文面接1203601.02
朝倉光陽高校食農科学科面接802461.00
※八女農業高校は平成30年度入試から4学科一括募集を行っています。
※大川樟風高校の住環境システム科は入学定員の10%以内まで佐賀県から通学可能です。
※朝倉光陽高校の食農科学科は入学定員の10%以内まで大分県から通学可能です。
※平成30年度の入試から三池工業高校の全学科は入学定員の5%以内まで熊本県から通学可能です。