平成29年度の福岡県公立高校入試の変更点。北九州・筑後・筑豊地区

平成29年度の福岡県公立高校入試の変更点。北九州・筑後・筑豊地区

平成29年度福岡県公立高校入試北九州筑後筑豊のサムネイル

平成29年度の福岡県公立高校入試の主な変更点(北九州・筑後・筑豊地区)

今回の福岡県公立高校の入試における主な変更点は、普通科特色あるコースの学区が県内全域になり、お住いの地区から他地区の高校も受検できるようになります。また北九州地区1校と筑後地区5校で県外生の募集を開始します。全体的に受検生の減少が続く中、教育委員会は、生徒のニーズの多様化に合わせたしくみを絶えず取り入れています。ゆとり教育から方針を転換し、来年度からは一般入試の学力検査も試験時間が長くなる予定です。

どの地区でも推薦の募集人数が増加する傾向にあり、筑後地区の朝倉光陽高校と三潴高校は今回の入試から自己推薦の募集を開始します。学校長の推薦を必要としない自己推薦は、近年の特徴といえます。

2月1日から県立・市立・組合立高校の推薦入試願書受付が始まります。推薦入試では、生徒の個性を見極める作文や面接・実技試験が課せられ、受験校の特色に適性があるか判断されます。また一般入試は学力検査と学校により個性重視の特別試験が実施されます。推薦入試、一般入試ともに入念な対策を効率良く行うように心がけましょう。

なお、福岡県立高校の推薦入試日は2月8日(水)と9日(木)、合格内定の発表は2月14日(火)になります。一般入試は、2月14日(火)から願書の受付開始、志願先変更は2月22日(水)から27日(月)まで、入試日は3月8日(水)と学校や学科コースにより9日(木)、合格発表は3月15日(水)になります。インフルエンザが流行し始めました。受検当日に万全の体制で挑めるよう、手洗いうがい・バランスの良い食事など体調管理にも気を付けながら、受験勉強をしてください。

※下記表の「入学定員」の単位は(人)、「推薦定員」の単位は(人程度)です。
※「▲2」は、昨年度より定員が2名程度の増加・「▼2」は、昨年度より推薦定員が2名の減少を表します。
※実施する日程や開始時間の変更などある場合がございます。あらかじめ中学校の先生または各校ホームページ・入試担当窓口にて、ご確認ください。

北九州地区の変更点(平成29年度)

北九州地区の公立高校入学定員は、第2学区の小倉西高校で40名増加し、その他の変更はありません。推薦入試の募集人数が増加する傾向にあります。また今回の入試から青豊高校は、大分県からも入学定員の10%以内で募集を行ないます。

普通科の特色あるコースは、北九州地区から県内全域の高校を受検できるようになり、選択の幅が広くなります。北九州高校の体育コースと普通科単位制の門司大翔館高校は他地区からも受検できるようになりました。

また今回の一般入試から、八幡工業高校・遠賀高校は「個性重視の特別試験(面接)」を、折尾高校は「個性重視の特別試験(面接)」と「学力検査における英語の加重配点」をそれぞれ廃止します。

学区の変更

普通科特色あるコース等は県内全域学区へ変更

県立高校の「普通科の特色あるコース」と普通科単位制・文理科の学区は、福岡県内全域になります。これにより北九州地区から福岡や筑後・筑豊地区の高校を受検できるようになります。北九州地区から県内全域へ学区を拡大するのは2校2コースです。なお、八幡高校理数科と北筑高校英語科の学区は、昨年度と同じ北九州地区のままです。

変更前

変更後

北九州学区北九州高校普通科体育コース門司大翔館高校普通科単位制

県内全域に変更

青豊高校は入学定員の10%以内まで大分県からも募集

総合学科の青豊高校は学区を拡大します。従来の福岡県内全域に加え、新たに入学定員の10%(32名)以内を上限に大分県の生徒も受け入れます。なお、青豊高校の入学定員は昨年度と同じ320名、作文と面接試験が行われる推薦入試の募集人数は128名程度になります。

変更前

変更後

県内全域青豊高校総合学科(入学定員320名)

県内全域と大分県に変更

補充募集時の学区拡大

昨年度まで補充募集に出願する際、学区の制限がありました。今年度の入試から補充募集に出願する際、学区の制限がなくなり県内全域の高校に出願できるようになりました。但し、一般入試の学力検査の不合格者であることと同じ高校で同じ課程の同じ学科・系統・コースの再受検は、昨年度と同じく出来ません。

変更前

変更後

『補充募集』学区制限あり出願できる県立高校の補充募集は一般入試と同じ

『補充募集』県内全域の補充募集校に出願できる

特別試験と加重配点の変更

一般入試時の個性重視の特別試験や加重配点の変更

個性重視の特別試験とは、一般入試の際、受験校や学科コースにふさわしい個性があるかどうか、学力検査では計れない生徒の個性を選抜に活用するしくみです。八幡工業高校・遠賀高校・折尾高校は、今回の入試から個性重視の特別試験を行ないません。
また特定教科の加重配点とは、一般入試の際、県立高校の学科やコースの特色に合わせて「調査書」や「学力検査」の特定教科を1.5倍にするしくみです。折尾高校は、一般入試の学力検査における英語の加重配点を今回から廃止しました。八幡工業高校では、引き続き学力検査における数学・理科の加重配点を行ないます。

変更前

変更後

八幡工業高校機械系(電力管理/電子制御・通信)電気系(機械工作/機械制御/材料加工/応用機械)土木系(設計施工/施工実務)『個性重視の特別試験』面接

『個性重視の特別試験』廃止

変更前

変更後

折尾高校総合ビジネス科ビジネス情報科生活デザイン科『個性重視の特別試験』面接『学力検査の加重配点』英語

『個性重視の特別試験』『学力検査の加重配点』廃止

変更前

変更後

遠賀高校普通科(観光・情報コース)普通科(自然環境コース)普通科(ヒューマンライフコース)グリーンサイエンス科『個性重視の特別試験』面接

『個性重視の特別試験』廃止

推薦入試の内容変更

中間高校と八幡中央高校で試験内容を変更

2月8日に行われる推薦入試から、第3学区の中間高校は面接から作文と面接、同学区の八幡中央高校普通科は作文と面接から面接のみに試験内容を変更します。推薦入試は、受検生がその高校や学科コースに適しているかどうか、適性を試されますので、十分な対策を行ってください。

変更前

変更後

中間高校普通科面接

『作文/面接』に変更

変更前

変更後

八幡中央高校普通科(芸術コース除く)作文/面接

『面接のみ』に変更

募集人数の変更

北九州地区の公立高校で入学定員の変更や推薦入試の募集人数の変更がある高校は下記のとおりになります。但し、推薦入試は募集人数が10人程度という場合でも、それ以上の人数が合格内定しているケースが多数あります。また福岡県公立高校の推薦/一般入試は、定員割れで募集人数に達していなくても、その高校や学科コースの合格基準を満たしていない生徒は、不合格になることがあります。

北九州地区の普通科で入学定員や推薦募集人数の変更がある高校

第2学区の小倉西高校が入学定員を200名から40名増やし、240名の募集を行ないます。その他の高校の入学定員に変更はありません。北九州地区の推薦入試の募集人数を昨年度と比較すると、特色のあるコースを含む普通科41名・専門学科24名・合計55名程度増加し、推薦合格を目指す受検生にとって良い知らせとなりました。推薦入試の募集枠拡大により、一般入試における合格最低ラインが多少上昇する可能性もあります。受検生のみなさんは、対策をしっかり行ないましょう。

普通科の募集人数の変更
高校名学科コース学区入学定員増減推薦定員増減
京都高校普通科第2学区 2800405
小倉西高校普通科第2学区 24040488
小倉東高校普通科第2学区 2000505
八幡中央高校普通科第3学区 2000305
若松高校普通科第3学区 16006010
北九州高校普通科体育コース県内全域 400324
遠賀高校普通科ヒューマンライフコース県内全域 400204
専門学科の募集人数の変更

北九州地区工業系トップの小倉工業高校と農業系の遠賀高校グリーンサイエンス科は、今年度の入試から推薦入試の募集人数を入学定員の4割程度まで増やします。

専門学科の募集人数等の変更
高校名学科コース学区入学定員増減推薦定員増減
小倉工業高校電気系(電気科/電子科)県内全域 800328
機械系(機械科/電子機械科)県内全域 800328
化学系 (工業化学科)県内全域 400164
遠賀高校グリーンサイエンス科県内全域 400164

筑後地区の変更点(平成29年度)

筑後地区の入学定員は、受検生の減少に伴い、120名減少します。第7学区トップの朝倉高校・明善に次ぐ進学校の久留米高校・三池工業工業の社会基盤系で各40名ずつ減少しますので、第一志望に選択する際は、倍率に注意して合格ラインを見極めるようにしてください。また今回の入試から浮羽究真館・朝倉光陽校は大分県から、三井・三潴・大川樟風高校は佐賀県から、それぞれ入学定員の10%以内で県外生を募集します。南筑高校の県外生の変更はありません。

山門高校と朝倉光陽高校の学校長推薦は、試験内容が今回から面接のみになります。推薦の作文はパターンが少なく短期間の対策でも差が付き難いですが、面接は、作文より以上に個性が現れやすいと言われています。基本的な質問事項と合わせて受検校の特色に合わせた対策を入念に行いましょう。
自己推薦を開始する朝倉光陽高校は普通科と食農科学科で各10名ずつ計20名、三潴高校普通科スポーツ文化コースは6名の募集を行ないます。

明善高校普通科総合文科コースや山門高校普通科理数コースなど4校の通学区域は、筑後学区から県内全域に変更になります。筑後地区からも福岡地区やその他の地区の普通科特色あるコースを志願することができるようになり、志望校の選択肢が拡がりました。

学区の変更

普通科特色あるコース等は県内全域学区へ変更

県立高校の「普通科の特色あるコース」と普通科単位制・文理科の学区は、福岡県内全域になります。これにより筑後地区から福岡地区などの高校を受検できるようになります。筑後地区から県内全域へ学区を拡大するのは4校5コースです。なお、明善高校理数科と久留米高校英語科の学区は、昨年度と同じ筑後地区になります。

変更前

変更後

筑後学区明善高校普通科総合文科コース山門高校普通科理数コース浮羽究真館高校普通科総合コース大川樟風高校普通科総合コース文理科

県内全域に変更

補充募集時の学区拡大

昨年度まで補充募集に出願する際、学区の制限がありました。今年度の入試から補充募集に出願する際、学区の制限がなくなり県内全域の高校に出願できるようになりました。但し、一般入試の学力検査の不合格者であることと同じ高校で同じ課程の同じ学科・系統・コースの再受検は、昨年度と同じく出来ません。

変更前

変更後

『補充募集』学区制限あり出願できる県立高校の補充募集は一般入試と同じ

『補充募集』県内全域の補充募集校に出願できる

募集形態の変更

三池工業は5学科から3系統の募集に変更

三池工業高校は募集形態を変更します。5学科独自の募集から学科を改変し、電気系・エレクトロニクス系・社会基盤系の3系統に分けて募集を行ないます。1年生は3系統4クラスで授業を行ない、2年生から5学科に分かれます。また社会基盤系の土木学科と工業化学科は、1年生で1クラス40名のみの募集になり、入学定員は実質40名減少します。

変更前

変更後

三池工業高校(200名)電気科(40名)電子機械科(40名)情報電子科(40名)土木科(40名)工業化学科(40名)

入学定員160名エネルギー系(電気科)40名メカトロニクス系(電子機械科/情報電子科)80名社会基盤系(土木科/工業化学科)40名

推薦入試の内容変更

山門高校と朝倉光陽高校で試験内容を変更

2月8日に行われる推薦入試から、山門高校の全学科コースと朝倉光陽高校の普通科・食農科学科の学校長推薦は、作文面接から面接のみに試験内容を変更します。なお、今年度から実施される朝倉光陽高校の自己推薦入試は、作文と面接になります。推薦入試の面接では、受検する学科やコースの適性が問われますので、その学校や学科コースのことをしっかり調べておくようにしましょう。

変更前

変更後

山門高校普通科/普通科理数コース作文/面接

『面接のみ』に変更

変更前

変更後

朝倉光陽高校普通科/食農科学科(学校長推薦)作文/面接

『面接のみ』に変更

募集人数の変更

筑後地区公立高校の入学定員は、普通科と専門学科合わせて120名減少します。変更のある高校は、普通科で朝倉・久留米高校が40名ずつ減少し、専門学科は三池工業が40名減少します。三潴高校は、普通科を20名減らし、スポーツ文化コースを20名増やします。
推薦入試の募集人数の変更がある高校は、普通科7校8コース・専門学科2校4コース合わせて40名増加します。学校長推薦と別に自己推薦を開始する朝倉光陽高校は普通科と食農科学科で各10名ずつ計20名、三潴高校普通科スポーツ文化コースは6名の募集を行ないます。なお、推薦入試は合格基準に達してる生徒が多ければ、募集人数を超えて内定しているケースも多数あります。また福岡県公立高校の推薦/一般入試は、定員割れで募集人数に達していなくても、その高校や学科コースの合格基準を満たしていない生徒は、不合格になることがあります。

三池工業高校は、従来の5学科から3系統に改編して募集を行ないます。エネルギー系(電気科)・メカトロニクス系(電子機械科/情報電子科)・社会基盤系(土木科/工業化学科)の3系統に分かれ、昨年度まで土木科40名・工業化学科40名・計80名の入学定員が、今年度から土木と工業化学合わせて40名の募集になります。

筑後地区の普通科で入学定員や推薦募集人数の変更がある高校

第8学区2番手の久留米高校は入学定員を240名から40名減らし、200名の募集を行ないます。その他の普通科で入学定員の変更はありません。筑後地区の推薦入試の募集人数を昨年度と比較すると、特色のあるコースを含む普通科42名名程度増加し、推薦合格を目指す受検生にとって良い知らせとなりました。推薦入試の募集枠拡大により、一般入試における合格最低ラインが多少上昇する可能性もあります。受検生のみなさんは、対策をしっかり行ないましょう。

普通科の募集人数の変更
高校名学科コース学区入学定員増減推薦定員増減
朝倉高校普通科第7学区 2800366
朝倉光陽高校普通科(学校長推薦)第7学区 800200
普通科(自己推薦)第7学区 1010
久留米高校普通科第8学区 20040406
八女高校普通科第9学区 2400455
山門高校普通科第10学区 1400405
三潴高校普通科(学校長推薦)第10学区 1200200
普通科(自己推薦)第10学区 1010
三潴高校普通科スポーツ文化コース(学校長推薦)県内全域 6004214
普通科スポーツ文化コース(自己推薦)県内全域 1010
専門学科の募集人数の変更

今回の入試から募集形態の変更を行う三池工業は入学定員を40名減らし、3系統で160名の募集を行ないます。推薦入試の募集人数も昨年度より12名減らして募集を行ないます。また自己推薦を行う朝倉光陽高校の食農科学科は入学定員に変更はなく自己推薦分のみ推薦枠を拡大します。

専門学科の募集人数等の変更
高校名学科コース学区入学定員増減推薦定員増減
三池工業高校エネルギー系(電気科)県内全域 400120
メカトロニクス系(電子機械科/情報電子科)県内全域 800240
社会基盤系(土木科/工業化学科)県内全域 40401212
八女工業高校電気科県内全域 400102
情報技術科県内全域 400102
電子機械科県内全域 400102
自動車科県内全域 400102
工業化学科県内全域 400102
土木科県内全域 400102
朝倉光陽高校食農科学科(学校長推薦)県内全域800200
食農科学科(自己推薦)県内全域 1010

筑豊地区の変更点(平成29年度)

筑豊地区の入学定員は、全日制では昨年度と変わりなく、定時制で40名減少します。嘉穂高校の定時制普通科は今回の入試から募集を停止します。その他の定時制課程の入学定員に変更はありません。

推薦入試は、田川高校で10名程度募集人数を増やし、入学定員の3割が推薦枠になります。嘉穂東高校英語科と直方高校スポーツ科学コースは、それぞれ2名ずつ推薦の募集人数を増やし、その他では推薦の募集人数に変更はありません。

今回の入試から鞍手高校の普通科人間文科コースは、県内全域から募集を行ないます。反対に筑豊地区から他地区の普通科特色あるコースや理数科英語科以外の専門学科などを志願できるようになり、選択肢の幅が拡がります。飯塚地区の方は福岡や北九州、田川地区の方は北九州地区の学校も志望校の対象にしてみましょう。

学区の変更

普通科特色あるコース等は県内全域学区へ変更

県立高校の「普通科の特色あるコース」と普通科単位制・文理科の学区は、福岡県内全域になります。これにより筑豊地区から福岡地区の香住丘高校数理コミュニケーションコースや北九州地区の高校を受検できるようになります。今回、筑豊地区から県内全域へ学区を拡大するのは1校1コースです。なお、嘉穂高校と鞍手高校の理数科と嘉穂東高校英語科の学区は、昨年度と同じ筑豊地区になります。

変更前

変更後

筑豊学区鞍手高校普通科人間文科コース

県内全域に変更

補充募集時の学区拡大

昨年度まで補充募集に出願する際、学区の制限がありました。今年度の入試から補充募集に出願する際、学区の制限がなくなり県内全域の高校に出願できるようになりました。但し、一般入試の学力検査の不合格者であることと同じ高校で同じ課程の同じ学科・系統・コースの再受検は、昨年度と同じく出来ません。

変更前

変更後

『補充募集』学区制限あり出願できる県立高校の補充募集は一般入試と同じ

『補充募集』県内全域の補充募集校に出願できる

募集の停止

嘉穂高校の定時制が募集停止

嘉穂高校の定時制課程普通科は、今回の入試から募集を行ないません。

変更前

変更後

嘉穂高校定時制普通科40名

募集を停止

募集人数の変更

筑豊地区公立高校の入学定員は、嘉穂高校の定時制普通科(40名)が募集停止になり、40名減少します。その他の変更はありません。
推薦入試の募集人数で変更がある高校は、普通科3校・英語学科1校で合計20名増加します。なお、推薦入試は合格基準に達してる生徒が多ければ、募集人数を超えて内定しているケースも多数あります。また福岡県公立高校の推薦/一般入試は、定員割れで募集人数に達していなくても、その高校や学科コースの合格基準を満たしていない生徒は、不合格になることがあります。

筑豊地区の普通科で入学定員や推薦募集人数の変更がある高校

筑豊地区の県立高校の入学定員に変更はありません。推薦入試の募集人数を昨年度と比較すると、特色のあるコースを含む普通科18名・英語科2名・合計20名程度増加し、推薦合格を目指す受検生にとって良い知らせとなりました。推薦入試の募集枠拡大により、一般入試における合格最低ラインが多少上昇する可能性もあります。受検生のみなさんは、対策をしっかり行ないましょう。

筑豊地区の募集人数の変更
高校名学科コース学区入学定員増減推薦定員増減
田川高校普通科第11学区 20006010
嘉穂東高校英語科筑豊学区 400122
鞍手高校普通科第11学区 1600306
直方高校普通科スポーツ科学コース県内全域 400302