選べる高校が増える!県立高校入試の学区改定(平成29年度)

福岡県立城南高校の正門2

県立高校入試で平成29年度から一部高校の学区変更があります。

福岡県教育委員会は、平成29年度の県立高校入試から、一部の高校の学区を変更します。
現在、県立高校入試は、普通科13学区と地区ごとの4学区(北九州/福岡/筑後/筑豊)・県内全域学区に分かれています。志望する高校や学科コースなどによって、通学できる学区が異なります。今回の学区改定では、4つの変更点がありました。

県内全域学区の学科やコースが増えます。
今まで北九州地区や福岡地区など地区の制限により、学区内の高校しか受検できなかった「普通科の特色あるコース」などが学区外でも受検できるようになります。変更があるのは、北九州地区2校・福岡地区3校・筑後地区4校・筑豊地区1校の計10校です。なお、英語科と理数科は、今まで通りお住いの地区内の高校のみ志望することができます。
北九州地区
北九州高校(普通科体育コース)
門司大翔館高校(単位制普通科)
福岡地区
香住丘高校(普通科数理コミュニケーションコース)
城南高校(普通科理数コース)
柏陵高校(普通科環境科学コース)
筑後地区
明善高校(普通科総合文科コース)
浮羽究真館高校(普通科総合コース)
山門高等学校(普通科理数コース)
大川樟風高校(普通科総合コース/文理科/住環境システム科)
筑豊地区
鞍手高校(普通科人間文科コース)

福岡地区の早良高校(普通科)は、第6学区に加え、第5学区内の那珂川市からも受検できるようになります。

福岡県外からも受検するできる高校が増えます。
北九州地区1校と筑後地区5校は、一部の学科コースで入学定員の10%以内まで、大分県または佐賀県から県外生を受け入れます。
北九州地区
青豊高校(総合学科)大分県から通学可
筑後地区
浮羽究真館高校(普通科総合コース)大分県から通学可
朝倉光陽高等学校(普通科/食農科学科)大分県から通学可
三井高校(普通科福祉教養コース/普通科スポーツ健康コース)佐賀県から通学可
三潴高校(普通科スポーツ文化コース)佐賀県から通学可
大川樟風高校(普通科総合コース/文理科/住環境システム科)佐賀県から通学可

補充募集は、県内全域の高校を受検できるようになります。
県立高校一般入試で欠員が10人以上出た場合、原則として補充募集が行われます。今まで学区制限がありましたが、今年度の入試からこれがなくなり、学区外の高校も受験できるようになります。