福岡県立高校入試!平成28年度の一般入試学力検査の得点率など概要が発表されました。

昨年度の県立高校一般入試・学力検査の概要や得点率

福岡県教育委員会は、平成28年度(昨年度)県立高校一般入試の学力検査結果について概要を発表しました。数学の追加問題を除く5教科の得点率は約55%でした。国語の得点率は、平成27年度の約60%から5%上がり、平成28年度は約65%・数学は56%から8%下がり約48%・英語は約52%から約50%になりました。社会は約59%から8%下がり約51%・理科は約54%から7%上がり約61%です。

学力検査問題をよくみると、問題によって前年度より簡単になったり、難しくなったり毎年します。昨年度の学力検査は、少し難しくなると言われていましたが、総合すると例年通りの難易度でした。普段から学校の授業をしっかり聞いて予習復習していれば、80%~90%答えられる問題内容です。学校の授業では多くの時間を割くことのできない「国語の作文」「数学の応用問題」「英語リスニングテスト」などは、別途に対策をしておくと、さらに得点が伸びるでしょう。(下記表の得点率は、すべて約%で表しています。)